はじめまして

はじめまして。

私は、子供の頃から、動物大好きっ子で大きくなったら獣医さんになる!と決めて生きてきました。しかし獣医学科には入れず・・、でも動物関係のことをどうしても学びたく、畜産学科へ進学、大学生までは絶対の犬派。

動物に関しての基礎知識を4年間学んだあと、動物に関して学びを深めたく、野生生物の研究のため大学院へ進学、修士を取得後就職しました。

就職後、同僚が拾った三毛猫(いちか)を、ひょんなことから飼うことになり、その子がきっかけで検索したときにノルウェージャンフォレストキャットという猫種を知りました。その時に出会ったブリーダーさんが、今でもお世話になっているcattery AzureBlueさんです。

(2017年撮影の三毛猫いちかと、ノルウェージャンのたらちゃん、当時2匹とも16歳です。)

17歳で看取った子たち

その後、ノルウェージャンのあまりのかわいさに惚れ込み、本場ノルウェーから輸入した、ののちゃん、そして、catteryAzureBlueさんから来たナディくんとの4匹と1人の暮らしを続けながら、猫好き会社員の日々。

しかし、ある年に、年長組3匹の猫たちが、皆で手を取るかのように17歳で虹の橋を渡っていってしまいました。その喪失感はかなり大きく、ノルのいない人生なんて考えられないと、すぐブリーダーさんに連絡し、今も、去勢済みのノルウェージャンとサイベリアンネヴァマスカレードの男の子たちと暮らしています。

ブリードを始めるきっかけ

看病や看取り、新しい子たちのお世話を通して、自分は動物関係のことをやりたかったんだなーと痛感しました。そして、犬派だった私を魅了した品種のノルウェージャンフォレストキャットと、サイベリアンをブリードしたいと強く思った次第です。

キャッテリーネーム AnnaPerennaは、長寿の女神様の名前からとりました。ブリーダーは常に命と向き合う職業だと思っています。「命は有限だから美しい」と私の心の師匠が教えてくれた言葉です。動物の幸せそうな顔をみると自分も幸せになれます。

当キャッテリーで、生まれ育った子たちが、みなさんの笑顔と共に暮らせますように。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事